安全な抗生物質

フロモックスは安全な抗生物質です。

風邪をひいた時などに処方されることの多いフロモックスはセフェムの系抗生剤で、後発薬はセフカペンピボキシル塩酸塩です。

 

フロモックス錠

 

抗生剤とは、からだに入った様々な細菌の感染によって引き起こされる症状の改善に効果のあるお薬で、セフェムの系抗生物質は副作用がほとんどなく、さまざまな種類の細菌に効果があることからよく使われています。

 

フロモックスを服用する時、気を付けないといけないのは、ウイルス性の疾患、例えばインフルエンザ、手足口病、突発性発疹、おたふく風邪には効果がないと言うことです。

 

風邪のような症状だからと、勝手な判断でフロモックスを服用しても全く効果がなく、その間に病状が進行してしまう危険性もありますので、必ず医師の診察を受け、その指示に従うことが必要です。

 

フロモックスは肺炎、気管支炎、膀胱炎、、扁桃炎、中耳炎、敗血症、乳腺炎、副鼻腔炎、などに効果的です。

 

フロモックスを処方されたら、症状が回復しても飲み切ることも大切です。

 

治ったかな?と思って飲むのを中断し、やっぱり治り切っていないなと感じて残っているものを飲む、と言うことを繰り返しますと、耐性菌が出来てしまいます。

 

耐性菌とは、抗生剤などの抗菌剤 に対する抵抗性が著しく高くなった細菌の事で、耐性菌が出来てしまうと抗生剤が効かなくなってしまいますので注意が必要です。処方された抗生剤は症状が改善されたと思っても最後まできっちり飲み切りましょう。

 

又、安全とは言っても抗生剤を服用することによって、悪い菌ばかりでなく、体の為に必要な菌も殺すことになりますので、まれに腸の弱い方が下痢を起こすこともあります。

 

軽い症状ならば抗生剤に頼ることなく、自身の免疫力で治すことが望ましいですね。

 

(大阪府 モモさん)