感染症予防 フロモックス

扁桃腺切除手術の感染症予防でフロモックスを使用しアレルギー症状が出ました。

扁桃腺切除手術をした際に術後の感染症予防の為、抗生剤のフロモックスを使用した時にアレルギー症状が出た時の体験談です。

 

全身麻酔の術後にすぐフロモックスを投与され、術後3日後くらいから唇に少し痒いようなピリピリするような違和感を感じ始めました。

 

扁桃腺切除手術は大きく口を開けた状態で手術をする為、口をジャッキのような物で大きく開き固定します。その際に口角が少し裂けてしまいます。

 

最初はその傷の痛みもあり、唇の違和感も手術の時に何か器具が当たっていたのかも程度にしか思っていなかったのですが、4日後の朝に大きな違和感に変わり、お昼頃には唇がなんと普段の3倍くらいの大きさになってしまっていました。

 

症状としては、まず痛みはさほど無かったように記憶しております。

 

ただ、むずむず痒い感じと、少し唇に熱を持っているような感覚がありました。

 

見た目の症状としては、唇自体が腫れているわけでは無く、唇全体を覆いかぶさるように水膨れが出来ている状態です。

 

ヘルペスのように小さな水膨れが何個もあるような感じでは無くて、大きな水膨れが固まりでボンっと唇に乗っているような状態でした。

 

診察の時間では無かったのですが、直ぐに主治医の先生に診て頂いたところ、「おそらく抗生剤のアレルギーですね」と言われました。

 

今までこんな症状が出た事は一度も無かったので何故急にこのような症状が出るのかとお聞きしたところ、「術後で体が弱っていた為でしょうね」とおっしゃっていました。

 

その後その症状を抑えるような薬を頂いたわけでも無かったのですが、2日後には自然と治まって行きました。

 

ただ、一度アレルギー症状が出たら、また次も出るでしょうとのことでしたのであれ以来フロモックスは服用しておりません。

 

(東京都 ゆうこさん)