歯茎腫れ 抗生物質 フロモックス

歯茎が腫れ、切開した時フロモックスという抗生物質が処方されました。

歯の根元が膿んで、歯茎が腫れてしまいまいました。

 

すぐに歯医者に行ったところ、歯茎を切開して膿を出してもらいました。

 

その際、フロモックスという抗生物質とロキソニンという鎮痛薬を処方してもらいました。

 

抗生物質のフロモックスの方は毎食後飲み、ロキソニンは痛む時に飲んで下さいと説明を受けました。

 

フロモックスを飲み始めたところ、気のせいかもしれませんが、何となく体が熱を帯びているような感じがしました。

 

ぼやんとするような、だるさのような感じもありました。

 

抗生物質フロモックスの影響なのか、歯茎の腫れの影響なのかはわかりませんが、1、2日はそんな感じでした。

 

とは言え、生活に影響するような変化でもなかったので、気にせずフロモックスを飲み続けていました。

 

フロモックスを飲み始めてから、徐々に歯茎の腫れが治まってきました。

 

腫れが治まってくると痛みもなくなってきました。

 

痛み止めであるロキソニンは、処方してもらった日に1回飲んだだけで済みました。

 

歯医者さんの説明で、処方した分だけフロモックスは飲み切るように言われていたので、3日間毎食後にフロモックスを飲み続けました。

 

3日後にはかなり歯茎の腫れが治まりました。

 

フロモックスのおかげで、短期間で細菌を死滅できたような気がします。

 

もしかすると、フロモックスを飲み始めていた時の熱を帯びたような体の変化は、体の中の細菌と戦っている状態だったのかもしれません。

 

風邪をひいて熱が出るのと同じ感じではないかと思うのです。

 

多少体が熱を帯びた感じになったとは言え、日常生活に支障をきたすような体の変化ではなかったので、困ることは何もありませんでした。

 

中には、フロモックスの副作用で下痢や腹痛を起こす人もいるようなので、そういった副作用がなくて助かりました。

 

抗生物質の効果をしっかり実感することができました

 

(愛知県 ようこさん)