風邪 フロモックス

子供の風邪に抗生物質のフロモックスが処方されます。

子供が風邪をひいた際にかかりつけの小児科の先生は、必ず抗生物質のフロモックスも処方されます。

 

風邪や熱の場合、風邪の症状が咳でも鼻水でも抗生物質は変わらず、いつも同じ量と種類です。

 

風邪のほとんどの原因はウィルスなので、細菌を殺す抗生物質は効かないことが多いようですが、風邪が長引いたりすると副鼻炎になったりするので、それの予防として先生はフロモックスを処方されているようです。

 

フロモックスを一日3回食後に飲むように基本的にいつも4日分処方されます。

 

以前通っていた小児科では一度目の診察では抗生物質は出されませんでした。

 

なので、子供はいつも甘いお薬を喜んで飲んでくれていたのですが、抗生物質が出されるようになってからは、薬嫌いになってしまいました。

 

フロモックスをゼリーでお薬を包んで飲ませるものもありますが、うちの子供はゼリーを食べないので使えません。

 

抗生物質は処方された分をしっかり飲みきらないと、お薬に耐性のある菌ができてしまう場合があるそうで、一度飲み始めると処方された分はやめられません。

 

病院で教えていただいた飲み合わせがあって、バニラアイスや牛乳、チョコレートなどと飲むといいとのことでした。

 

すすめてもらったものに混ぜて飲ませようともしましたが、やっぱりお薬の味が分かるようでだめでした。

 

どうしても飲んでくれない為、毎回子供を押さえつけて無理に飲ませています。

 

飲み切らないとだめなので、これがいつも大変です。ですが、抗生物質を飲んでいるからといって風邪が早く治ったようには感じません。

 

ただ、私が副鼻炎になった際に処方されたフロモックスの錠剤はとても効きました。

 

一カ月近く、鼻の奥の嫌な感じがしていましたが、処方されて4日程で改善しました。

 

また錠剤なので苦みも感じることなく、飲みやすかったです。

 

(京都府 くろねこさんさん)